MEi子の日記

日々の思うこと、好きなこと、つらつらと。

アパレル販売員が「似合わない」を考える

こんばんは!MEi子です(*'▽'*)♪

f:id:fuyanfuyan12:20180821231116j:plain

ムシムシと暑ーい1日でしたが、みなさん元気ですか?

私はハーゲン〇ッツのスイートポテトタルト味を食べたので

めちゃ元気でーす!

さて…今日は「似合わない」について考えてみたお話です。 

 

 。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★

なぜ、この服は「似合わない」のか?

接客の際に、お客様が、商品を鏡に当てられたりご試着された際に「んー?ちょっとこれ私には似合わないみたい…」とガッカリされることがあります。

 

私が「どうして【似合わない】と思われたんですか?」と聞いてみると

この色、ちょっと派手かなぁ 
この襟が可愛すぎる
太って見える気がする
丈が短くて合わない
etc…

 
様々な理由を聞かせて頂くのですが、

実は一番多い回答は、なんと!!!

 「え?なんとなく…」なんです!!!!

 

いやいやいや!(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?

「何となく似合わない」って理由が曖昧すぎるわ!(ていうかもはや理由じゃないよそれ)

 
ただお洋服ってほんっっとに主観だと分かりにくいんです。

 

そのため、実際はイケてるのに、着慣れていないから

【似合わないように感じてしまう】というパターンがすごく多いんです。


なので、ぜひ客観的三者の意見として販売員を頼ってください(´^∀^`)

「あ、ちょっとコレは…」と思ったら、別のものをすぐにオススメしますし、

「イケてる!」と思ったら具体的なコーディネイトの提案をします!

 

。:*:★。:*:★。:*:★。:*:★

まずは「客観的」に見てみよう!

 


「似合わない色」は意外と簡単にジャッジ出来ます。

顔のすぐ下にお洋服を当てて、そのまま鏡を見てみる。これだけ。

顔 vs 服の色で、どちらが勝ってる(目立つ)かをジャッジするのです!

  

服の色だけがただただ目立つ
体育祭の青チームみたい 
なんていうか「赤い人」って感じ

というのを感じたら色の勝ち!

 
つまり…

→顔よりも色が目立ってる!

→顔よりも色が主役! 

似合わない(;_;)ということなんです! 


おしゃれをするとき、主役はあなた自身!

あなたが主役のはずなのに、服の印象だけが残ってしまったら

服が主役になってしまいます。

そんなのもったいない!

  

もっとわかりやすく言うと。

ショッピングモールや街中を歩いているときなどに、すれ違った人とその服をちょっと意識して見てみてください。

f:id:fuyanfuyan12:20180821234605j:plain

例えば同じミントグリーン色のAラインワンピースでも…

 
似合ってる人を見た場合(*´Д`*)

「すっごく涼しげでさわやかな人!すてき!可愛い!ワンピースいいなぁ!


似合ってない人を見た場合(;´゚Д゚)

「なんかムームーみたい。ワンピースって難しいんだなあ…

 
と、見え方に差が付きます。

そして似合っていない例を見る機会が増えていくと、

そのアイテムに苦手意識を覚えてしまうことが多いのです(;_;)

 
華やかな大きい花柄スカートを着た人でも

「すっごくキレイ!雰囲気のある人だなー(pq*´∀゚)」

「なんか、ああいうのってカーテンみたい…(ノД`)」

 
赤や黄色のカラーTシャツを着た人でも

「明るくて可愛い!私も着てみようかな?(pq*´∀゚)」

「部活帰りかな?あれ?ちがう?(ノД`)」

 

ってな感じで似合う・似合わないで「人に与える印象」がぜーんぜん違って映るのです!

 

「似合うを知ること」はもちろん大事なのですが

 

私個人としては「似合うってどういうこと?」よりも先に

【似合わない】ってどういうこと?を先に知っておいた方が、断然わかりやすいし、自分自身を客観的に見やすくなります!!!

 

 

まずは、お部屋のクローゼットの中にある服たちを

顔のすぐ下に置いて見比べてみて下さい!

自分 vs 服

主役はどっちだ!?

 

「なんかしっくりこない」と感じた時は「それはなぜ?」と考えてみて下さい。

慣れてきたら、実際にお店に行ってみて鏡に合わせてみましょう~♪

是非!実践あるのみですo(*・ω・)ノ 

 

 

それではまた!

バイバイ!